「智恵は小出しにす可し(五十六)」福沢諭吉

 こつこつ智恵を出していくことの勧め。例えに豊臣秀吉の話。


 福翁百話より。

 原文は文語体を現代語訳。




「智恵を小出しにすべし」


とは古人の格言であって、たいそうな智恵を一時にあらわして、天下を驚かそうとするよりも、朝に夕べに、物に触れて事に当たって、遅滞なくこれを処理して、さっさつと世を渡るべきである。



 「鼠捕る猫爪隠す」と言う。隠すのは良いけれども、生涯隠して鼠を捕らなければ、爪が無いのに等しい。



 世間のこれからと言う者が、ややもすれば英雄豪傑を気取って人事に頓着をせず、愚かと言われても迂闊と評せられても、右から左へ流して自ら高く気取って、「このことは拙者の本領にあらず。その行いは自分の柄に相応せず。」と勝手次第に好き嫌いするその有様は、病気の貴公子が飲食のものを選ぶ感情に異ならない。



 つまり、これから世の中に進もうという者は、胸の内へ智恵の大きなものをおさめて、「簡単には使わない、使うならば即ち大いに使って事をなそう」とする考えであろうけれども、どうしたものであろうか、事はやって来るが人を求めない。

 自分から進んで事を求めるのでなければ、遂にこれに会うことないだろう。



 鼠を捕ろう事を願うならば、猫の方より進むべきである。鼠からやってきて、猫に触ったという話を聞かない。ただ鼠を求めることのみで無く、トンボでも、セミでも、見当たり次第に飛びかかって、日ごろの技量を現すのが猫の本分である。

 猫の爪はけして隠すべきでない。



 捕り物の大小にかかわらず、いやしくも技量を試す機会があろうならば、これをほうっておかずに功名を表すべきである。これを評して爪の小出しというのも可である。



 かつての昔、豊太閤が木下藤吉と呼ばれた時代からしだい次第に出世したのは、豊臣秀吉公ほどの大きい智恵を持ちながら、始めは草履取り、ついで炭薪奉行、また次いで普請奉行など、段々その智恵を小出しにして、かいがいしく事をわきまえ、ようやく大名に立身した際には、大名の智恵を出して、遂に天下を掌握した際には天下を平らげる智恵を出したということである。



 もしも当時の木下藤吉が武家奉公の初めから、英雄豪傑を気取って「草履取りは拙者の本領にあらず。炭薪奉行は吾が身の柄に相応せず。」と力んでいたならば、ついには天下も手に入らなかったことだろう。

 太閤生涯の大業は、智恵の小出しになるものと言うべきだろう。






0コメント

  • 1000 / 1000