「夫婦の間敬意なかる可らず(二十四)」福沢諭吉

 夫婦の間で隠し事をすることはいけない。それが敬意であるとの話。


 福翁百話より。

 原文は文語体を現代語訳。


 夫婦が家にいて、互いに親愛するべきなのは当然であって、特にはたから勧告するに及ばない所ではあるけれども、その親愛の他に敬意がなくてはならない。


 

 およそ人を敬うの方法が様々である中でも、これに告げるべきことを告げずに隠す事より、不敬なることはない。

 夫婦すでに一つの家を共にして、一身同体、ともにこれを維持する責任に当たりながら、一方に何か秘密にして隠すところがあっては、他の一方からしてみると、不愉快の思いが無いという事を得ないのである。



 つくづく世間の様子をみて見ると、女子は家内を治め男子は外を勤めるとして、一家の主人が四方八方にあくせく動き回って、せっせと苦労して家の生計を安くするけれども、内の主婦はその資金がどこから来たかを知らない。何によって得られたかを知らない。我が家の実際は、裕福なのか思うままなら無いのかを知らない。去年と今年と家の資産の増減も知らない。



 時にあるいは引越しをして、新居が勝っている事があり、あるいは以前に比べて小さいことがあり。

 あるいは一家みんなで遠方に移住して間もなく、他に引っ越してまた本の所へ帰る等、変化極まりないと言うとも、その時に臨んで一通りの話を聞くのみで深い理由をも知らず、ただ主人より授かった銭をもって、目の前の家計を営むのみで全て夢中で月日を過ごし、名前こそ家の主婦とは言え、その実は寄宿の客に等しい者が無きしも有らずである。



 幸いにその婦人が気楽な性質で、寄宿の境遇に心を休めて悠々と日を送れば、ただ家事が不行き届きで、銭を損するだけに止まる。

 けれどあるいはこれと反対で、神経が繊細な心配性であったならば、朝晩夫の挙動を見ては不審にたえず、そうはいってもこれを聞くのも到底実際のところが分からないので、黙って一人思案して、美食も心ならず食べるために口に旨くならず、暖かい服を着ても考え事をしながら着るので、身に良くならず。

 思い悩んで、遂には病気をかもして発狂する等の者がいるのは、毎度世間に多い例である。



 たとえ或いは夫の生前は無事に過ぎるとも、その死亡した後の始末こそ気の毒である。

 その様々にやり散らした家の関係はすべて未亡人の知る所ではない。

 書類や帳簿等を見ても、もとより分かるべきはずも無いので、ここ至って親類や友達の相談と検閲が始まり、生前には大事だ大事だと一切他人に語らず、もっとも親しい妻にさえ告げなかったその秘密が、公然たる検閲の席に披露させられる。

 あるいは伝わって世間の見聞きに触れ、責任の無い遠方の人はこれを聞いて、茶話の話の種にすることさえもあるだろう。

 不始末千番と言うべきである。



 つまるところ主人という者が、同等である妻に対して敬意を失いこれを蔑視して、夫妻共有の家事を告げなかった罪である。



 そうとは言ってもまた一方よりいえば、戸外の事務は婦人の近く関係するところではなくて、しかもその婦人にも賢い・愚か、才能の有る無いもある事であるので、私は必ずしも夫婦事を共にせよと言うわけではない。

 ただ成り行きを親切に語り聞かせて、その時々現在の有様を知らせる事の意味を説くのみである。



 いかに才能がなく不案内な女性であっても、こんこんと語って家事の大体を理解しない者は無いだろう。男子の深く注意するべき所のものである。







0コメント

  • 1000 / 1000