「正直は田舎漢の特性に非ず(八十七)」福沢諭吉

 田舎物が正直は本当か?交通手段を発展させる事が、社会道徳の向上に繋がる事。

 福翁百話より。

 原文は文語体を現代語訳。


 「田舎の人は律儀・正直で子供の様である。真に愛すべきである。」

 とは、世の人が常に言う所であって、実際においてもまた、そうで有る事を見ることが出来る。


 そうは言っても、下がって事の裏面を観察すれば、その律儀・正直はただ田舎に生活してる間のことであって、この人を都会の煩雑な土地に連れ出して見れば、色々の尽きない事情に摩擦されて、しだい次第に横着者となる。時として奇計をめぐらし悪さを働く者は、かえって田舎者に多いという。



 故に田舎者の善は、本来特殊の善ではない。

 「田舎住まい」と名づけられた一種の勢いに制せられて、善であるのみである。深く感心するに足らない。



 その事実は、人間が子供の時のみ無邪気であって、年とともに次第に煩悩をもよおすのに異ならない。

 石川五右衛門も、2,3歳の時には必ず純粋で正しく、無邪気の子供だったで有ろう事は、想像するに違わないだろう。



 さて田舎者が何ゆえ律儀・正直であるのかと尋ねるに、第一その地方の範囲が甚だ狭くて、一言も一行為の微小な事も、忽ち辺りの知るところとなり、

「誰々は何々の金を何円借りてまだ返さない」と言い、

「何々はどこのあぜ道で財布を拾ったようだ」と言い、

「かの男は隣の畑の芋を盗んだ」、

「隣村の林を盗んで伐採した」、

「昨夜酒を飲んだ」、

「今朝団子を食べた」、

「あの家の夫婦喧嘩はこんな理由で寺の和尚がこう仲裁した」、

などと、その報告が速やかで明細であるのは、これを掌に指さすようである。



 そして善を善とし悪を悪とするのは、人生が自然になす本心であって、仮にも人の不埒を許さず、四方八方があたかも警察の如くなる故に、このような社会にいて悪事を働こうとすれば、たちまち人に見捨てられて身を置いておく余地がない。



 これはつまり、田舎者が割合に正直であるゆえんで有るが、この正直者が一旦都会に出れば、辺りの人間は見ず知らずの他人であって、その見聞きから逃れることが簡単であるのみでならず、次第に住み慣れるにしたがって段々と気持ちを増大し、たとえ世間に指を指されるところとなるとも、いわゆる「旅の恥はかきすて」の度胸を決め込み、意外の悪さを演じながら、きょとんとして恥じない者が多い。

 


 私は、これを評して、田舎者が都下の悪風に誘惑されたのだとのみは言わずに、むしろ彼らの生まれ持った性質を現した、本来の姿だとするものである。



 そうであれば、都会・田舎共に人の善悪は大抵同一の姿で、これを田舎に置けば善であると分かった以上は、「人間社会を総じて田舎のように、また子供のようにしてはどうであろうか?」との説がある。



 ただ一説であるのに留まらず、古来より道徳論者の熱望する所であって、何かの議論の端には田舎の素朴・正直を持ち上げて、子供の無邪気を説いて、大人の手本に持ち出すのだが、どうするものだろうか。

 文明社会の経営は、田舎者に依頼するべきでない。子供に任すべきでない。

 道徳論者も毎度口に論じて、実際に困惑するところの物であるので、私はさらに一歩を進めて、人情の素朴・無邪気などと言う消極的な道徳論を言わずに、ただ真一文字に人の知識を推進し、智が極まる事によって、醜悪なる活動を防がんと欲するものである。



 善を好むのは人の天性であって、争うべきでない。

 この事実を知りながらなお悪事を働くのは、つまるところ人の無知にこそ理由があるので、その表裏の関係を明らかにして人を導く時は、文明進歩の実際に戻らずに、徳行の進歩もまたこれに伴う筈であろう。


 これを第一の根本として手短な手段は、社会の交通手段に心を用いて、今日で言えば、海陸の汽船・汽車・郵便・電信・電話等はもちろん、書籍や新聞の発行を自由にしてその頒布を速やかする。

 仮にも社会に生じた千差万別の事物を漏らさずに、人間の住まい生活、一行・一言の微々たることでも、風俗に妨げない限りはこれを報道して、おちこちの耳目にふれさせて、その観察の明らかであることが、恰も片田舎の村人が村中の出来事を知るようになさせるのは、まさしく醜悪の活動の余地を縮小するための法で、必ず有力であるべきである。



 現在の不完全である交通手段でも、すでに多少の効果が無いわけでは無い。

 天下後の世、これを10倍にし100倍にする日には、単に交通の一機関のみでも、大いに人の悪心が作られることを止めるに足りるだろうとは、あえて私の信じるところである





0コメント

  • 1000 / 1000