「江戸時代の人が尋ねたアイヌの話」その1 小島紀成


 江戸時代の人間が見た、アイヌの人の姿。

 蝦夷日記

 著者、児島紀成

 原文は文語体




 文化五年(1820年代)卯月三日、船出する。

 目覚めて見れば、尻屋崎(しりやざき)も過ぎた。


 四日、エリモの沖に来た。鯨が多い。ここにもあそこにも、背中をもたげて潮を吹く。

 この島では鯨を捕らない。だからであろう、船近くに出てきても、船人も驚かない。


 八日、朝霧立ち込める山を見れば、雪がとても深く、風は冬よりも寒くて、波が非常に高い。人々は起き上がりもしない。


 九日、夜が明けて、風は止んだものの、舟はなおも揺れる。食事も取らずに皆寝る。病に伏した様な人よりも、様子が劣っている。


 十日、島人が魚をとろうと、小舟をこぎ出して来た。その姿かたちを見れば、人ではありながら怪しいこと限りない。

 頭はおどろの如く乱れ、眉の分け目もなくて、顔は恐ろしげである上、さか髭がとても汚く生えて、ただ目ばかりが見えている。

 手も足も熊のような毛が生えていて、木の皮の衣を着ているものもある。獣の皮を着ているものもある。

 物を話すのさえ、臭くて打ち向かいがたい。


 十九日、ナイホなどと言う山々で真っ白であるのを右に見て、北へのみ進み行く。

 かなり遥かに高い山が見える。カムシヤスコロと言う。この山の麓、フレリと言う所で舟は止まった。

 海岸の景色は言葉に述べ難く、筆にも書くことが出来ない。

 土を踏むことが嬉しいので、船酔いによろよろとしつつ、皆急いで上る。

 宿るのは山間の奥まった所に、形ばかり造りなした、わびしい草の庵である。


 島人達が住む家は、道のあちらこちらに、非常に高く茂った草の中にあって、あわれなる様子は言うまでもない。




0コメント

  • 1000 / 1000