「江戸時代オランダ人と駆落ちした遊女の手紙」

大正元年出版の「文章大観」、書簡文の中より。

作者解説は文語文を現代語訳。手紙は女性の候文を現代語訳。

元の手紙そのものに瑕疵が多いので、若干意味が通じづらいところがあるように思います。


<手紙の作者解説>


 大阪谷町上小橋北という所の、入堀屋清兵衛(いるばりやせいべえ)という者の娘で、長崎丸山の遊女であったが、当時貿易のために来航中のオランダ人フルテルユーと言うものと夫婦の約束をして、文政八年(1820年代)9月2日の夜、長崎から出てオランダに赴いた。


 その後18年ぶりに親元に送った手紙で、いわゆる「和蘭文(おらんだぶみ)」というのはこれである。







「本当に...お懐かしいまま、手紙を申し上げ参らせました。まずまずご機嫌よくいらっしゃれ、めでたくもお懐かしくも存じ上げております。


 そのように申せば、私と言うのはふと致しました縁で、オランダの人フルテルユウと仰る方と夫婦の約束を致し、文政八年酉年九月二十二日の夜に、長崎表から船に乗りました。

 恐ろしい沖の方へ参ります所、しきりにお母様の事を思い出して懐かしく、七日目にアグの西南、松の木の間に見えるのは富士山と聞きまして、見納めと存じましては限りなく懐かしく、いよいよ泣き暮らしておりましたけれども、どうしようも無く、その日も暮らし、その夜大風が吹き出して、二十日ばかりは昼夜と無く船も走りました。


 風も止みましたので、船やぐらと言うところへ上って、四方を見渡しますと、東南という方向に一つの島が見えましたので、”あれはどこでしょうか?”と伺ってみれば、”イギリス”といって日本の地を四百里程は離れている由を聞きました。


 それより船が泊まり、またまた明け方風が吹き出して、ここは唐の北海とやら言う所の由、船が走って行くこと三十日ばかり、だんだん風もおだやかになるにつれて、”最早オランダへはどれほどでしょうか?”と尋ねてみれば、二千里もあるとのことでした。


 私がした因縁とは言いながら、このような遠くの人と縁を結ぶと思えばと、わが身の事を恨んで、またまた泣き暮らしました。


 さてさて親不孝の罪は逃れがたく、お母様にもただただ恨まれておりましょうと、思いわずらって居る内に、正月十三日という日に天竺のイハエという所へ船を付けて、そこはオランダ船の問屋であるという由。

 ミヤキウ(ミャキュウ?)と言う家に久しく逗留いたしておりましたが、その地の人々は日本人がやって来たと珍しがり、五六里十里二十里先から私を見物に来ました。


 それよりまたまた船に乗り、五月一日ようやくオランダのケエケルという所へ船を付けて、その国へ到着致しました。


 フルテルシという家の名前で御座いました。何一つ不足なく暮らしている様子ですので、まずまず落ち着きましたけれども、食べ物は粉菓子のようなる物を常に食べております。

 五穀は少しも無く、私は日本の人であればとて、天竺より米を取り寄せ食べさせてくれますので、少しも難儀はなく御座いますが、ただ日本の事ばかり思い出し、悲しく泣いて暮らしておりました。


 こちらの妹は気の毒である様子で、相談の上、五十坪ばかりの田地に日本のような家をこしらえて、その内へお母様と妹の姿を木像で造って、日本にいるまねをして、内で酒盛りを致しまし色々なぐさめて下さるまま、少しも不自由はなく、家内むつまじく暮らしておりますので、まずまずご安心下さいませ。


 それより出産して、もう今年七歳になる子供をイリキンユと申します。日本の話をして聞かせればシャモリンエと言うものは、母様おば様に会いたいと言う事でございます。


 こちらは日本の昼七つ時分(夕方くらい)は、夜の明け方にあたるとの事。私も夜明けになれば日本の事ばかり思い出し、シャモリンエと泣き暮らしております。

 私の心からとは言いながら、いまさらどう仕様ともなく、心の内をお分かり下さり、不憫と思し召し下さりませ。


 長崎の友達へも手紙を出したく思いますが、中々難しく、お母様へ手紙をしてご様子を尋ねたく思っておりましても、格別信頼できる人でなければ一筆の手紙も御願いする事が難しく、長崎の通詞へ賄賂を致して御願いいたしませんと、私の身が厳しくなり、その上夫もそちらへ行って事が難しくなることとなり、そういった理由から手紙も申し上げずにおりました。


 このたびふとした便りで手紙を差し上げました。これはまったく神明さま、天満の天神様、その外八百万の神々様の祈り給わりです。

 またまたこちらから、珍しい品物差し上げたく思いますが、手紙さえ難しく格別のことさえしたためなければ、たとえ人目に表れても格別のお咎めもありませんでしょうし、良い機会だと思いまして、私の髪を切って差し上げますので、これを私と思い下さるよう願いあげます。


 そちら様からお手紙を下されたくお思いなされるならば、人を用意し、名前がモウヤ、フルテルユウと頼んで、通詞に宛名下されませ。手紙は届きます。


 思えば思えば親不孝の罪、くれぐれも恐ろしい義で、かさねがさねもお許し下され、よくよく悪縁と諦めなさってくださるよう願い上げ参ります。

 妹のおてふの事、私とおちょうも私の替わりに、お母様へ孝行いたしてくれるように、かえすがえす願い上げ参らせます。


 申し上げたいことは海に山に御座いますが、筆がまわりかねて、ごめん下され、まずまずあらあらめでたくかしこ。フルテルユウ内、ふみ事アンナと申す。堀屋清兵衛様。御母様。おてふ様。





0コメント

  • 1000 / 1000