「男尊女卑の幣は専ら外形に在る者多し(三十六)」福沢諭吉

 

 福沢諭吉、男尊女卑を語る。日本の女性蔑視は本当か?

 福翁百話より、明治30年ごろ、原文文語文。




 日本国の婦人には権力なしと言うこの言葉、誠にそうである。


 男女部屋を同じにしながら、ある部分においては実に卑屈で男子の下風に在る様であるが、また一方より見てみるときは、人のうかがい得ない所に、自然と女権の大きいものがある。

 

 外国の人士または国内の人でも、ややもすれば軽々見過ごす所であるので、念の為に一言をする。


 日本婦人の男子に対して卑屈であると言うのは、その形の上において最も著しく見るべきであるけれども、内実の真の面目に至っては、外面のように甚だしく無いのみか、時としては女権の強大にして、十分の勢力をふるっている物も無いわけでは無い。


 かの牝鶏あしたして(注意ことわざより・女性が権力を握って)、俗に言う「女将軍」なる者が、主人を蔑視してひとり専らにするような類は、例外としてしばらく置く。


 一家の母が子に望む際の権力は、ほとんど無限であって、いかなる男子も母の意見には従わざるを得ない。逆らうものは従順で無い子供として、社会に受け入れられないのを常とする。


 これを西洋諸国の習慣に比べて、我が女権に一種の特色あるのを見るべきである。あるいはいまだ母たるに至らずに、夫に仕えるその間にも、ただ外面の礼儀において従順・卑屈の風を表しているだけである。


 内実は自ら家事を左右して、主人が必ずしも主権を専らにすることが出来ないという雰囲気さえある。

 

 たとえば商売人の取引について、その身元を調査するとき、内君の性質がどうであるかは最も大切な箇条であって、果たして内君の性質が確実であると言えば、ひそかにこれに依頼して資金も融通し、品物も貸し出すの例は、商人社会に珍しくない。

 実権の存するところ、窺い見るべきである。


 また主人と内君と誕生の土地が違い、したがって衣服・飲食の趣きもおのずから相違する時に、家の習慣は双方いずれの方に傾くかと尋ねれば、たいてい皆内君の意見に従うのが常なるようである。


 衣服の時にあたっての選定、食べ物の薄味濃い味辛い甘い等、いつしか内君の好きな所に移っていって、子供はもちろん主人も知らず知らずの間に服従しないのは無い。


 これらの事実を数え挙げれば、記述するものが大変少なくない。

 これをまとめれば、日本女子の男子に対して卑屈であるのは相違なしと言うとも、その外形に見るように甚だしくは無い。


 事柄によっては、内実の勢力がかえって西洋婦人の右に出ることも無くないので、「女権論」を論ずる人もしっかりとこの辺りに注意して、みだりに騒ぎ立てる事を止めて、直ちにその実権の軽重を争うよりも、まず外形について改良を謀って、日本婦人固有の優美はそのまま大切に保存しながら、男子の方よりこれに接するの風を和らげて、男尊の尊を引き下げ、自然に同等の形を装い、人の目に触れて見苦しくない体裁をなさしめる工夫が肝要であろう。


 たとえば夫婦の間であっても、言葉を丁寧にして礼儀を慎み、妻を呼ぶのにもその名前を呼び捨てにしないで「何さん」と言う。これに手紙を贈る時にも、文言を横柄に書かず、宛名に「どの」と書かないで「様」の字を用いるというような事は、何の妨げも無い。

 それどころか、こうしたからといって主人たるものの重きを害するのでもなくて、かえって家風の優美・高尚を助けて、子供もおのずからこの風を見習い、一家の内ようやく粗野の痕跡が無くなっていくようになるだろう。

 

 おおよそ人心の非をただすのは難しくて、形を改めるのは簡単である。

 我が女権の振るわないのは、もっぱらその外形に在るが故に、改良の道はけっして至難の業ではないのである。




 




0コメント

  • 1000 / 1000