「明治ごろアイヌの文化の話」その1 蝦夷史

 明治の教科書から、アイヌの文化風俗を記述した文。


 明治25年出版 中学読本首巻より




 昔の蝦夷人を、今はアイヌと言う。

 その種族は全身毛深いが故に、また毛人とも称する。風俗は素直で礼儀に厚い。


 男も女も髪をかぶって、耳にわっかを貫いている。男はひげが美しい。木の皮を使って織った衣を左前に合わせて着ている。外に出るときにもくつをはかない。雨の日にも傘を使わない。

 常に弓矢を携えて、手槍を持ち、腰に小刀を帯びている。


 女は布を使って額の上を包み、胸に「シドキ」という鏡をかけている。

 人の妻となった者は、口の端と手の甲に、刺青をする。

 肌を出すことを恥じて、水を渡るときにさえ、衣服のすそを持ち上げない。

 子供に乳を飲ませるときも、布をたらして上より覆う。


 婦人の役割は、薪を取り、「アヅシ」を織り、鳥・獣を飼うことをつとめとして、夫の漁猟を助けている者もある。



 アイヌの性質はおおむねゆたかで、鋭くはないけれども、いつわり飾ることがないのは、本当に愛すべきである。


 名を重んじることも、物をたくわえることも知らない。

 山に入って獣を狩り、水に浮かんで魚をとり、夜が明ければ朝の事を考えて、日が暮れればバタの儲け(?)をなす。


 老いてるのも若いのも、心安らかに打ち集まって月日を送っている様は、太古の風俗とでも言うのであろうか。




 

0コメント

  • 1000 / 1000