「太田持資歌道に志す事」 常山紀談


江戸城を築いた太田道灌、歌についての伝説と逸話。

原文は文語文。

太田 道灌(おおた どうかん) 室町時代後期の武将

没 文明18年7月26日(1486年8月25日)

 諱(いみな) 持資(もちすけ)





 太田左衛門大夫持資(もちすけ)は、上杉宣政の家老である。

 鷹狩りに出かけて雨に会い、とある小屋に入って蓑を借りようとしたのに、出てきた若い女はなんとも言葉を言わずに、ただ山吹の花を一枝折って出してきた。


 持資は、花を求めるのではないと怒って帰ってしまったが、この事を聞いた人が、それは、


 「七重八重 はなはさけども 山ぶきの
   みのひとつだに なきぞ悲しき」

 (七重八重に花は咲くのに、山吹の実のひとつさえないのは悲しい。

種類により山吹は実がなりません。)


 という古い和歌の心だろうと言う。

 持資は驚いて、それより歌の道へ志した。



 上杉宣政が下総の聴南にいくさを仕掛けるとき、山際の海辺を通っていた所、「山上から大弓を射かけられはしないか?」「また潮が満ちてしまった時はどうすべきか?」と危うく思っている、時にも夜のことである。


 持資は「では、自分が見てこよう」と馬を駆り出して、やがて帰って来ると「潮はひいた」と言う。

 どうして知ったのだと聞いた所、


 「遠くなり 近くなるのみ 浜千鳥
   鳴音に潮の みちひきをぞしる」

(鳥の鳴く音に、潮の満ち引きをしる。)


と詠んでいる歌がある。今は千鳥の声が遠くに聞こえる、と言った。


 またいつの頃だったろう、軍を引き返す時これも夜の事であったが、利根川を渡ろうとするのに、暗さは暗く浅瀬もどこか知れない。

 持資はまた、


 「そこひなき 淵やはさわぐ 山川の
   浅き瀬にこそ あだ波はたて」


(底が無い淵は騒ぐことあろうか?山川の浅い瀬にこそ浮き波は立つのだ。)

(深い想いが騒ぐことあろうか?浅い心であればこそ、浮つく波は立つのだ。)


と言う歌があると。

 波音の荒いところを渡せば良いと言って、事もなく軍を渡らした。


 持資は後に、道灌と称する。





 雪玉実隆の和歌に、


「雨にきる みのなしとてや 山吹の
  露にぬるるは 心つかじを」

(雨にきる為の蓑・実のがないという事だろう。

山吹の露に濡れるのは気が付かなかった。)



 抄中「後拾遺和歌集」の中より、

 小倉の家に住んでいた頃、雨が降っていた日に、みのを借りたいという人が居たので、山吹の枝を折って渡した。その人は心得ず通り過ぎて、また別の日に山吹が心得ないことを言い寄こして来たので、それに返答して言い使わした。

 

兼明親王

 「七重八重 はなはさけども 山ぶきの
   みのひとつだになきぞ悲しき」



0コメント

  • 1000 / 1000