豊臣秀吉 「奢る者久しからず」


皇朝古今 名家小体文範 明治19年より

中井積善記 豊臣秀吉のエピソード 原文漢文



 「奢者不久」


 人の上に居るものにて、富貴をこいねがい欲をほしいままにして、よく世に永くいる所の者を聞かない。

 世に伝える、豊太閤(豊臣秀吉)の時代、ある人道の傍らに札を立てて言うには、

 「奢れる者、久しからず。」

 豊太閤はこれを見て、大きくそのかたわらに書かさせて曰く、

 「奢らざるものも、また久しからず。」

 ああ、これはまた一言にて、国を失う事いくばくもないであろう。






0コメント

  • 1000 / 1000