「自警」 佐久間象山


 佐久間 象山(さくま しょうざん・ぞうざん)

 文化8年2月28日(1811年3月22日)-元治元年7月11日(1864年8月12日)

 幕末の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。




明治三十九年発行光風館書店の国文教科書巻八より

佐久間象山の思想


(原文)

 予年二十以後、乃チ知ル、匹夫モ一国ニ繋ガルアルヲ。三十以後、乃チ知ル、天下ニ繋ルアルヲ。四十以後、乃チ知ル、五世界ニ繋ガルアルヲ。

 日キ一タビ移レバ千載再来ノ今ナシ。形神既ニ離ルレバ万古再生ノ我ナシ。学芸事業、豈悠悠タルベケンヤ。

 

 人ノ己ヲ誉ムル、己ニオイテ何ヲカ加ヘン。若シ誉ニ因リテ自ラ怠ラバ、則チ反リテ損セン。人ノ己ヲ毀ル、己ニオイテ何ヲカ損セン。若シ毀ニヨリテ自ラ強ウセバ、則チ反リテ益セン。

 身ニ規矩ヲ行ヘバ則チ厳ナラザルベカラズ、コレ己ヲ治ムル方ナリ。己ヲ治ルハ即チ人ヲ治ムル所以。人ニ規矩ヲ待テバ即チ厳ニ過グベカラズ、コレ人ヲ安ンズル道ナリ。人ヲ安ンズルハ即チ自ラ安ンズル所以。

 書ヲ読ミ、学ヲ講ジ、徒ニ空言ヲナシ、当時ノ務ニ及バザレバ、清談事ヲ廃スルト一間ノミ。



(現代文訳)

 私は年20歳になってから、小さき身も一国に繋がる物ある事をすなわち知った。30以後は、天下に繋がる物ある事を知った。40以後は、五世界に繋がる物ある事をすなわち知ったのである。

 日がひとたび移れば、千載に渡って再来する「今」はない。形と精神が既に離れてしまえば、万古に再生する我は無い。学芸や事業、どうして悠々としていられるべきだろうか。


 人が己を褒める事、己において何を加えよう。もしその誉れによって自ら怠るならば、すなわち却って損となる。人の己をそしる事、己において何をか損なおう。もしそしりによって自ら強くするならば、すなわち却って益となる。

 

 身に規律を行うならば、すなわち厳しくなさざるべきでない、これは己を治める方法である。己を治めるのはすなわち人を治めるゆえんである。

 人に規律を願うには、すなわち厳しきに過ぎるべきでない、これは人を安んずる道である。人を安んずるはすなわち自ら安んずるゆえんである。


 書を読み、学を講じて、ゆえもなく空言をなして今ある任務に及ばなければ、清談が物事を廃したとの事である。


 

0コメント

  • 1000 / 1000