「天羽衣(あまのはごろも)」 石川雅望

 現代語訳



 安閑帝の時代と言い伝えてはいるが、その時代は明らかに知りがたい。

 昔駿河の国(今の静岡)有度郡に、三保の長者と呼ばれる家豊かな民がいた。同じところに、磯田の長者というものも住んでいた。二人共に劣らず富んだ家で、田畑をたくさん持ち、家に召し使う者も多く居て、網を引いて漁をさせ、浜辺で塩を焼いて、それらの品を色々な地方へ出して商売としていた。


 この磯田と三保の二人の長者は、互いに親しく話をして、仲のよい友達であった。いつも囲碁をすることを好んで、昼と夜もかまい無く、二人で向かい合って楽しみ遊んでいた。

 

 時に十月の初めごろ、いつもの如く碁をうち合っているところに、三保の長者の妻が、突然産気づいて苦しみ出し、家の内は騒いであれこれしているうちに、安らかに一人の男の子を生んだ。磯田はこの騒動に碁を打つのを途中で止め、やがて家に帰ったが、これも偶然その日の夜になって、妻が同じく男の子を生んだ。

 両家とも、大変な富豪であるので、出産祝いの為に出入りする人が跡を絶えない。その賑やかなことは言うに及ばない。

 さて2,3日を過ごして、長者二人はようやく顔を合わせ、互いに出産の喜びを語り合い、磯田が言うには、

 「御身(おんみ、あなた)と我と、いつも碁を打っては遊んで、仲むつまじく語り合っているが、一日の間にお互いの妻が出産したのは、まったく不思議なこと言うべきだ。そこでどうだろう、この子供達に今から兄弟の約束をして、生涯親しみを失わないようにするのは。願わしくはないか。」と、

 すると三保の長者も喜んで、

 「きっと子供達の代になっても、ますます厚く交流するだろう。」と言って、誓いの杯を取り交わして、お互いに約束をなした。

 磯田が、「名をなんと呼ぶことにしようか。」と言えば、三保の長者はしばらく思案して、

 「時は10月、10月は良月とも言う。御身(あなた)の子は夜に生まれて、わが子は昼に生まれたので、わが子を白良(はくりょう)と呼び、御身の子供は黒良(こくりょう)と呼ぶのはどうだろうか。」と言えば、磯田は笑って、

 「黒白を使って昼夜になぞらえたのは面白い。白良は先に生まれたので兄と言うことにしよう。」と言い、これよりいよいよ仲良く交流を深めた。


 さて翌年になって、磯田の長者の妻が再び出産して女の子を産んだ。これは更に親しみを深める為にと、成長した後は白良の妻にしようと磯田が言えば、三保の長者も喜んで、先に結納のしるしと金二百両を磯田に送り使わした。

 この生まれた女の子を、三保の長者は自分の嫁だということで、自身の氏の三保(三保の松原という名所有り)から考えて、小松と呼ぶことにした。





0コメント

  • 1000 / 1000