「怪を話せば怪いたる」 伽婢子 浅井了意

寛文六年(江戸1661年)の刊行。全六十八話の怪談集



 昔の人より言い伝える不思議な話であるが、今までに聞いた奇怪な話を集めて百話(ひゃくものがたり)をすると、必ず恐ろしいことや、奇妙なことが現実に起こるという。


 百物語には法式がある。月の光の暗い夜を選び、行灯(あんどう)に火をともし、其の行灯には青い紙を貼りつけて、百本の灯心(蝋燭のしん)に火をつける。一つの物語をするごとに、灯心を一本づつとっていけば、話すうちに室内は段々と暗くなり、青い紙の色は移り変わって、なんとなく気味が悪くなる。さらに話を語り続ければ、必ず奇妙な出来事や恐ろしい事が起こるという。


 かつて、下京(しもぎょう)の辺りに住む者が、五人集まり、百物語でもしてみようではないかと試したことがある。

 法式の通りに明かりに火をともし、各々青い小袖(着物)を着て、座りながら語ること六七十話にも及ぶ。そのときの季節は臘月(ろうげつ、十二月)の初旬、外には風が烈しく吹いて雪が降り、寒さは日ごろに増して強く、髪の毛を根本よりかきむしるように、ぞっとするほどであった。

 すると窓の外に、火の光がちらちらと見えて、蛍が数多く飛んでいるかのように思ったとたん、幾千万ともわからぬ光が部屋に飛び入って来て、鏡や鞠(まり)の如く丸く集まり、再び別れて砕け散って、形を変える。やがて白くなり固まった光は、長さ五尺(1.6m)ばかりになって広がり、天井に張り付いて、そのまま畳の上にどんと落ちた。其の落ちる音は雷を鳴らしたようであり、そして光は消えた。五人は皆これによって気を失い、家にいた他の者達が気付いて、色々介抱して抱き起こせば、じきに目を覚まして特に怪我もなかったという。


 諺に言う、


「白日(はくじつ)に人を談ずる事なかれ。人を談ずれば害を生ず。昏夜に鬼を語ることなかれ。鬼を語れば怪いたる。」

(昼間に人の噂をしてはいけない、やがてはそれが身にかえって害を生む。夜のうちには化け物のことを語ってはいけない、化け物を語ればそれが現れる。)


 恐らくそれは、この時のようなことを言ったのであろう。



 

0コメント

  • 1000 / 1000