「蛇、瘤の中より出づ」 伽婢子 浅井了意


寛文六年(江戸1661年)の刊行。全六十八話の怪談集



河内の国(今の大阪東部)、錦郡(にしごり)に住む農民の妻のうなじに瘤(こぶ)ができた。

 初めは蓮の種ほどの大きさであったが、段々と鶏の卵ほどにもなって、後にはついに三四升(6lくらい)もいれる壷くらいになる。そうして三升から再び少し縮んで2升の瓶(びん)くらいとなった。瘤は甚だ重く、一人では立って行くことさえ叶わないので、もし立ち上がろうと思うときには、かの瘤を人に抱えさせて行く。しかし痛みはまるでない。時々はその瘤の中から、笛や三味線の音楽が聞こえてきて、これを聞けば心が慰むようである。

 その後瘤の外側に、針の先ばかりの細く小さい穴が数千あいて、天気が曇り空に雨が降ろうとするときには、穴の先から白い煙が糸の様に立ち上って、空へあがる。同じ家に住む男女は皆これを怖がり、女を家に置いたままにすれば、禍(わざわい)が起こるかもしれない、すぐに遠い野山のはずれに送り捨ててしまえと言う。

 この妻は泣きながら夫に語り、

 「私がかかった病気は得たいが知れず、本当に誰か気味悪がって嫌わないことがありましょう。それゆえに遠くに捨てられたらば、人も寄り付かずに必ず死にます。しかしまた、この傷を切り開いても死ぬでしょう。同じ死ぬのであれば、せめて切り開いて中に何があるか見なさって下さい。」

と言う、夫はこれをもっともだと重い、大きな剃刀を持ってきて良く磨ぎ、妻のうなじに出来た瘤の表面を縦向きに切り割った。すると少しも血は出てこず、切った傷は白くなって、突然中より跳ね破って飛び出てきたものを見れば、長さ二尺(60cm)くらいの五匹の蛇である。その色はあるものは黒く、あるものは白く、又青く、黄色いものもいる。うろこが逆立ち光をもって、庭先に這(は)い行くのを、家のものはおどろき見て殺そうとする。しかし夫はそれを止めて許さない。すると時に、庭の面に一つの穴があいて、蛇は皆その中に入った。穴は深く底も知れない。


 こうして巫女を呼んで降霊させて、このことの正体を尋ねたところ、霊に代わって巫女は口走る。

 「かつてこの妻は嫉妬心が強く、家に働かせていた女の子を夫が寵愛して居たことに腹を立てて憎み、この子の首元に噛み付いて食い切り、彼女は滝のように血を流した。ちょうど鉄漿(おはぐろ)をつけている歯で噛み付いたので、傷深く其れが入って腐り、ついにその子は死んでしまった。このときの恨みが深く、死して後蛇となって、妻のうなじに宿って祟りをなした。たとえ今蛇を取り出されたとしても、やがて殺して恨みを晴らす。」と言う。

 そばに居た人が言うに、

 「そのことは今は返らぬ昔の話になりました。どうか心をなだめてくださりませ。あなたの為に僧を呼んで、よくよく供養申し上げます。」と、すると巫女は又口走って、

 「そのときの恨みは骨に徹して、幾たび生まれ変わるともけして忘れることではない。しかし供養をしますという言葉がうれしいので、このことに心を慰めて恨みを晴らします。ここまで来たことですから、一つ私の願いをかなえてください。」と。

そばの人が、

 「どんなことでもかなえて差し上げますから、なんでも言ってください。」

すると巫女はうなずいて涙を流し、

 「この世に生きていたとき、もっとも尊いものは法華経であると思っていました。今でもその気持ちは変わりませんので、一日頓書(一日で早く経を書くこと)で書いたお経を供えてくださりませ。そして、妻の傷口には胡桐涙(ことうるい、薬の名)をおぬりなされ。」といって霊は去った。


 霊の言ったように僧を招いて、一日頓書の経を書いて深く供養したところ、妻の心の悪さも晴れた。そして胡桐涙をたずね求めて傷口に塗れば、瘤の傷もついに癒えた。妻はそれより人へ嫉妬する心を止めたという。



0コメント

  • 1000 / 1000