「蝨瘤」 伽婢子 浅井了意


 寛文六年(江戸1661年)の刊行。全六十八話の怪談集



日向の国の諸県(もろかた)というところに商人がいた。

 ある日から背中に手のひらばかりの大きさで、熱を持って燃えるよう所が生じた。二十日ばかりたってから熱が冷めて、それからは痒いこと限りない。段々と腫れ上がって盆をうつ伏せにしたようである。大きく腫れるにしたがって、痛みは少しも無く、ただ痒いことたえがたい。これゆえに食事は日に日に進まなくなり、やせ衰えるまま骨と皮とになった。あますところなく諸々の医者に見せ、内科外科が手を尽くして、薬を飲ましたり外から塗り薬を貼ったりしたが、少しも効果が無い。

 そのころ南蛮の商人船に、名医として有名なチャクテルスというものが渡ってきて、この病を見て言うには、

 「これはまったく世にまれな病だ。ゆえに世の人は多くは知らない。これは蝨瘤と呼ばれる。皮肉の間にしらみが湧き出てこの病を致すのだ。わたしがきっとこれを癒してみせる。」

 そうして腫れ物の周りを縛って、その上に薬を塗った。さて語るには、

 「世の人はあるいはその体にしらみが湧き出ること、一夜のうちに三升五升に至り、衣服に満ち満ちて血肉を吸い食らわれる。痛み痒いことは言葉にならない。しかしながら病人の身にのみ起こって、他人には取り付き移らない。これはままあることなので、治療の方法は世の医者がこれを知っている。しかしいまこのしらみは、肉の間に生じて皮より下にある。人はまったく知り難い。今日の夕べ、必ず効果があるだろう。」

と言った。

 その夜、瘤(こぶ)の先端が破れてしらみの湧き出ること一升ばかり、みなしっかりと足を持っている。大きさはごま程で、色が赤く、よく這って歩く。

 これからは体も軽く心地も良く思えたが、しらみの出た後に細い穴が一つあって、時々その穴からしらみが出てきた。チャクテルスがいわく、

 「この病は世に薬が無い。百年物の梳き櫛(すきぐし)を焼いて灰になし、黄龍水を使って塗りなさい。これより他には治療法は無い。私はこれを少しだけだが持っている。惜しむことは無い。」

そして一さじばかりを取り出して、傷の上に塗ったところ、十七日のうちに癒えた。



0コメント

  • 1000 / 1000